シティグループ(ティッカーシンボル:C)の第3四半期決算が発表されました。良い内容でした:

EPS:予想$1.13に対し、結果$1.15
売上高:予想190.2億ドルに対し、結果196億ドル


シティグループはグローバル・コンシュマー・バンキング(GCB)部門のリストラの一環として次の11市場から撤退すると発表しました:

コスタリカ
チェコ
エジプト
エルサルバドル
グアム
グアテマラ
ハンガリー
日本
ニカラグア
パナマ
ペルー


また韓国の消費者ファイナンス事業からも撤退することが発表されました。これらの撤退の作業は2015年末までに完了させる予定だそうです。

【シティコープ】
グローバル・コンシュマー・バンキング部門の売上高は96億ドル、前年比+4%でした。北米、南米、アジアが成長しました。純利益は19億ドル、前年比+26%でした。

【インスティチューショナル・クライアント・グループ】
ICG売上高は84億ドル、前年比+14%でした。CVA/DVAを除く売上高は87億ドル、前年比+13%でした。投資銀行部門売上高は前年比+32%でした。

アドバイザリー・フィー 3.18億ドル +51%
株式引受フィー 2.98億ドル +51%
債券引受フィー 6.32億ドル +9%

プリマーケットでのシティグループ株は+2.69%の$51.24で推移しています。

c