昨日(21日)の米国株式市場は出来高を伴った力強い陽線をつけました。これはいわゆるフォロースルー・デー(follow-through day)と呼ばれる現象です。

通常、下げ局面のマーケットが出直るには、先ずキャピチュレーション(capitulation=白旗降参の意味)と呼ばれる投げが出る必要があります。今回の調整局面では、それが9月10月15日・16日だったと思います。この両日、S&P500指数は大きな下髭(したひげ)をつけました。その後、マーケットは上昇に転じ、陽線を出しています。

その時点では(ひょっとしたら……これがボトムだったのかもしれない)ということは言えるのですが、確証は持てません。アメリカ流のテクニカル分析では、ダメ押し的な上げ、つまりフォロースルー・デーを見届ける必要があるのです。

今日の出来高はこれを書いているNY時間午後3時半の時点でNYSEの出来高は昨日より14%、ナスダックの出来高は18%ほど多いです。

フォロースルー・デーの定義は、ある程度の値幅(前日比+1.5%くらい)で市場が上昇し、しかも出来高が前日に比べてハッキリと増えている立会日を指します。それは機関投資家の幅広い参戦を示唆するからです。

SPY

今日のマーケットはその定義に合格していると思います。

それでは何を買うか? ですが、先週の緊急セミナーのとき、「チャラチャラした銘柄が良い」と言いました。その考えは、いまも変わっていません。