調査会社、イー・マーケターズによると2015年の米国のデジタル・ディスプレイ広告市場の規模は270.5億ドルだそうです。

1

このうちフェイスブックとツイッターの2社が30.2%の市場占有率を占めています。

2

各社の売上高の伸び率は下の通り。

3

株式市場の観点からは、「成長の⊿」が全てです。その意味ではツイッターが最も期待が持てます。

もちろん、フェイスブックの方が売上規模も遥かに大きいわけですが、時価総額もざっくり言って7.25倍なので、PSRや成長率の観点からはツイッターの方が割安だという見方も出来ると思います。