1

今から15年ほど前に、マイナー・インターナショナル(ティッカーシンボル:タイMINTn)のウイリアム・ハイネッケ会長に初めて会った時は、余り良い印象はありませんでした。

(なんだ、バックパッカーにいちゃんが、そのままタイに居付いてホテル始めちゃったぁ…みたいなノリだな)


しかし、あの時にこの経営者に投資していれば……と今になって悔やまれます(笑)

マイナー・インターナショナルという会社は、東南アジアのビーチ・リゾートを訪れて、それらに魅せられた外人観光客が、そのガイジン目線から見て楽しめるリゾートなり娯楽施設、そういったものだけに特化したビジネスを展開している企業です。あとバケーション・レンタルやレストランなども経営しています。

2

Market Hackではこれまでにスターウッドなどの欧米のホテル・ブランドに言及してきましたが、それらはいずれもニューヨークや東京などの大都市にも展開する、グローバル・チェーンであり、その顧客ターゲットは、観光客も含むけれど、ビジネス・トラベラーが大事なお客様であることが多いです。

これに対して、マイナー・インターナショナルは、ビジネス・トラベラーは相手にしません。あくまでもビーチ・リゾートやサファリなど、バカンスが主です。

3

いま中国をはじめ新興アジア諸国のニュー・リッチ層が、どんどん世界を旅するようになって、彼らはもちろん東京にも来ているけれど、東南アジアのビーチ・リゾートも席巻しています。

マイナー・インターナショナルは、タイのバンコク、コサムイ、チェンマイ、モルディブ、スリランカ、ドバイ、モザンビーク、オーストラリアなどでホテルを展開しています。

同社のブランドは、アバニ、アナンタラ、チボリ、オークス、セントレジス、フォーシーズンズなどになります。




2009年にはわずか30ホテルだけだったのが、現在は120に増えています。

同社はタイの上場旅行関連銘柄で最大の利益額を誇っています。また、同セクターでは、唯一、去年、前年比でプラスを出した企業でもあります。これはタイが去年夏にクーデターを経験し、観光客の客足が落ち込んだことを考えると、とても立派だと思います。

タイ以外のアジア、中東などにも展開していたので、タイの政情不安からくる観光客の減少を補ったというわけです。

現在、クーデターで落ち込んだ客足は戻っています。

同社は全部で32か国で展開しています。

下は同社の売上高のグラフです。現在売上高の41%が自社所有ホテルから上がっています。

a

売上高に占めるタイ比率は52%です。

去年はクーデターで客室稼働率が低下しました。

b

下はRevPAR(客室単価を稼働率で掛け算したもの)です。

c

下は純利益の推移です。

d

下は純利益マージンです。

e

株主資本利益率は立派です。

g

一株当たりの業績は下のようになっています。

h

この銘柄は楽天証券で取り扱っています