アカディア・ヘルスケア(ティッカーシンボル:ACHC)は精神的健康、薬物乱用などの患者に対し行動障害ケア施設を通じて治療にあたるヘルスケア・サービス会社です。

同社は全米24州で78の行動障害ケア施設を運営しており、総ベッド数は5,800です。また英国、プエルトリコでも事業展開しています。さらに今年2月に薬物乱用リハビリ施設のCRCヘルス・グループを買収し、新たに500ベッドを追加しました。

1

アメリカ合衆国保険福祉省によると米国の18歳以上の18.6%が何らかの精神的健康上の問題を経験しており、4%が重度の精神的疾患を負っています。また子供の20%が、成長の過程で一度は精神的健康上の問題を抱えるとしています。

一方、米国の薬物乱用治療施設の売上高は2009年の243億ドルから2020年には323億ドルへ増えると保険福祉省は予想しています。

アカディア・ヘルスケアは独立のケア施設を次々に買収することで大きくなっています。

精神的健康、薬物乱用の行動障害ケア施設は一見すると総合病院の株と類似する点がありますが、財務的には根本的に違うことも多いです。

まず一般病院のマージンは15%前後ですが行動障害ケア施設のマージンは20~40%が普通です。また一般病院は交通事故などの救急患者が運び込まれた際、いろいろなテストや手術などを行うため、請求内容は複雑で、内容によってはペイヤー(支払者)から却下される場合もあります。

これに対して行動障害ケア施設への入院は事前承認が前提となっているので、後で「払う、払わない」の問題が起こるリスクが少ないです。

4

このことを反映して、売掛金が焦げ付く割合も3%前後と、一般病院の10%以上に比べると遥かに小さいです。

2

アカディアの2015年のコンセンサスEPS予想は$2.1、2016年は$2.59です。

achc