ウォルト・ディズニー(ティッカーシンボル:DIS)が第2四半期(3月期)決算を発表しています。良い内容でした:

EPS:予想$1.11に対し、結果$1.23
売上高:予想122.5億ドルに対し、結果124.6億ドル


売上高は前年比+7%でした。下は部門別四半期売上高のグラフです。

1

下は部門別四半期営業利益のグラフです。

2

「マイ・マジック・プラス」の導入で、テーマパークのキャパシティは拡大しました。それによる恩恵は、3月期がピークとなります。

スターウォーズは、事前に宣伝し過ぎて、キャパシティ以上の需要を、早すぎるタイミングで喚起しないように気を付けています。過去のスターウォーズのタイトルをストリーミングでリリースしたのはそのひとつのやり方です。