最新のブルベア指数では強気(ブル)が25.7%、弱気(ベア)が27.9%と逆転が見られました。

1

強気から弱気を引いた差は-2.2となっています。

2

ブルベア指数はいわゆる逆指標で、強気が多いほど相場は下がりやすいという風に解釈します。ただ集計の関係でタイムラグがあるので、タイミング指標としては余り信頼は置けません。市場参加者のコンプレーセンシー(慢心)が払しょくされたということだけはハッキリと読み取れます。