11月の中国製造業購買担当者指数は48.6でした。

1

それによると生産指数が6か月の下降トレンドを脱し、ようやく反転しました。

新規輸出受注が改善を見ました。実際、新規輸出受注は過去13か月でベストでした。

その反面、国内需要は依然として全体的に弱いです。

このため購買担当者は新規の材料買い付けを絞り込んでいます。その結果、在庫は小さくなっています。

仕入コストが下落しているのはデフレ圧力があることを示唆しています。

雇用も依然として縮小しています。


PS:この記事を最初に投稿したとき勘違いして「速報値」と書きましたが、確報値でした。失礼しました。