12月のドイツ製造業購買担当者指数(速報値)は53.0でした。

1

とりわけ新規輸出受注は5か月連続で増加を見ました。国内からの受注も好調でした。

完成品在庫は大幅に減りました。また雇用は強いです。

12月のユーロ圏製造業購買担当者指数(速報値)は53.1でした。生産は過去20か月で最高でした。

2

注目された12月のフランスの製造業購買担当者指数(速報値)は51.4で、11月の51.0から若干改善を見ました。その反面、12月のフランスのサービス業購買担当者指数(速報値)は50.0と11月の51.0から下落しました。この50.0と言う数字は過去11か月の最安値です。

サービス業購買担当者指数が下落した理由は、いうまでもなくパリ同時テロによるセンチメントの悪化によります。