中国労工通訊によると12月のストライキ件数は369件でした。

1

普通、中国におけるストライキは賃金の支払い遅延などによって引き起こされます。つまり製造業の置かれている状況を測る、ひとつのモノサシになるということ。ストライキ件数が急増していることは、中国人民銀行に利下げプレッシャーがかかっていることを示唆しています。