米国第4四半期GDP速報値は+0.7%でした。これはコンセンサスの+0.9%を若干下回りました。

1

今回のレポートでは、すべてのコンポーネントで前期比で鈍化が見られました。

個人消費支出(PCE)は+2.2%で第3四半期の+3.0%から鈍化しました。PCEの増加はGDPに換算すると+1.46パーセンテージ・ポイントに相当します。

輸出は-2.5%でした。因みに前期は+0.7%でした。輸入は+1.1%でした。因みに前期は+2.3%でした。輸出入は、差し引きGDPに対し-0.47パーセンテージ・ポイントのインパクトとなりました。

民間国内投資は-2.5%でした。これは第3四半期の-0.7%からさらに落ち込んでいます。