FRBとはFederal Reserve Boardの略で、日本語では連邦準備制度理事会と訳されます。

FRBはアメリカの中央銀行です。

日銀、イングランド銀行、欧州中央銀行、エトセトラ、エトセトラ……

中央銀行なら、さっさと「米国中央銀行」と呼べば良いものを、何でこんな勿体ぶった名称にしたのか……それが今日の話題です。

** *

まずFRBはいまから102年前に出来た、先進国の中央銀行としては歴史の浅い組織です。

実は米国には1791年に合衆国銀行(The Bank of the United States)が設立されました。これはのちに第一次合衆国銀行(The First Bank of the United States)という通称で呼ばれるようになった最初の中央銀行でした。

この中央銀行の設立を提唱したのは、他でもないアレキサンダー・ハミルトンです。これにトーマス・ジェファーソンは大反対します。初代大統領、ジョージ・ワシントンはハミルトンの具申を受け容れ、議会の承認を経て合衆国銀行の設立を立法化し、フィラデルフィアに設置されました。

しかし1811年に定款の更新時期が来たとき、僅差で議会の承認が得られず、アメリカの中央銀行は消滅してしまいます。

第一次合衆国銀行が消滅すると、アメリカは猛烈なインフレに見舞われ、それまでアメリカに中央銀行を設置することに反対していたジェームズ・マディソンと議会は、コロッと考えを変えて、第二次合衆国銀行(The Second Bank of the United States)を設立します。これが第一次合衆国銀行の頓挫からわずか5年後の1816年のことです。

この第二次合衆国銀行も前回と同じように反対派から攻撃に遭い、1836年に定款の延長に失敗し、自然消滅します。

アメリカ人が中央銀行を嫌った理由は、米国が独立する前、アメリカはイギリスなどの植民地であり、イギリスがアメリカ大陸に持ち込んだ統治機構に対しては、アメリカ人は憎悪の念を抱いていたことがあります。これはそもそも信仰の自由などを求めてイギリスを捨て、人々がアメリカに渡ってきた経緯を考えると、当然のことです。

当時、アメリカは農業を基盤とした経済であり、都市への人口集中は見られませんでした。ひろい耕地に、ぽつんぽつんと農家が点在しており、農家と農家の間の距離はたいへん離れていました。なぜなら土地はいくらでも無限にあったからです。

このためアメリカの農業は、最初から労働集約的ではなく、資本集約的でした。このため農家は銀行からのローンで土地を買い、農家の運営に必要な一切合財のやりくりをしたのです。農業は、その年の作柄に収入を左右されやすく、おのずと銀行との関係もギスギスしたものであることが殆どでした。

つまりアメリカ人は中央銀行の存在だけを嫌っていたのではなく、すべての銀行というものに胡散臭い目を向けていたということです。

アメリカの銀行は、各州により許可されており、それらの日本で言う「地銀」が、勝手に紙幣を発行していました。

正式には、米国は金本位制度なので、ドルの価値は何処へ行っても同じはずでした。

しかし金生産がアメリカ経済全体の発展にぜんぜん追いつかなかった関係で、金貨などの流通量は、決済に必要な通貨量に比べて全く不十分でした。

西部劇に出てくるような無法地帯を、沢山の金貨を抱えて旅行することは不都合でした。

どこかの地方の銀行が発行した胡散臭い紙幣は、他州へ行くと受け付けてもらえないか、もし受け付けてもらえたとしても大きなディスカウント(=価値を割り引くこと)を要求されました。

それらの地方銀行は、勝手に紙幣を発行したわけですが、それはつまり銀行が振り出すIOU(I owe you.=借用証書)に他ならず、銀行は(できることなら自行の紙幣が窓口で差し出された場合、それを規定通り金に換金に応じるのは、避けたい)と考えてきました。

つまり銀行の金庫にゴールドの準備が、「ある」、「ない」にかかわらず、どんどん紙幣を出してしまい、後は(換金請求が来ませんように!)と祈る状態だったわけです。

しかもそれらの地方銀行を監督、指導する組織はありませんでした。さらに銀行がどれだけ紙幣を発行して良いか? に関する規定は存在しませんでした。

別の言い方をすれば、オフィスを借りて輪転機で自分の紙幣を印刷できれば、だれでも銀行を開業できたのです。

そこで銀行業の成功のカギを握るのは「あの人なら、信用できる」という信用(good faith)だけだったのです。

こうして南北戦争の頃までに、アメリカでは1,395の銀行が営業していたそうです。また紙幣の種類は8,370種類のドル札が流通していました。言うまでも無く、そのような状況では偽札を刷ることなど朝飯前でした。

1893年の金融恐慌の際には360の銀行が倒産しましたが、その大半は慌てた預金者が、ゴールドの引出しを要求する「取付け」を起こし、たまたま銀行の店舗に十分なゴールドの準備が無かったことで手持ちのゴールドが払底し、換金に応じられなくなった瞬間にすべての信用が崩壊した……という図式でした。

このときは、すでに第二次合衆国銀行が消滅した後で、アメリカには中央銀行なるものが存在していなかったため、大統領はJPモルガンに直談判し、政府の発行する30年債を買い取ってもらう代わりにJPモルガンが保有していたゴールドを譲ってもらい、それを財務省の金庫に移送し、庶民をなだめるという苦肉の策を講じました。

つまりJPモルガンという一個人が、本来であれば中央銀行が果たすべき役目を果たしたのです。

これは米国政府にとってたいへんきまりのわるい失態であり、(やっぱり中央銀行は必要だ)という認識が生まれるきっかけとなりました。

米国が「三度目の正直」でFRBを設立するきっかけを作り、その基本構想を練った人物は、当時クーンローブ商会(=本当の発音は「キューン・ローブ」です。日露戦争の際、日本の資金調達に貢献したジェイコブ・シーフが切り盛りしていた投資銀行)のパートナーの一人だったポール・ウォーバーグです。

320px-Paul_Warburg_02

ポール・ウォーバーグはハンブルグの銀行家、ウォーバーグ家の子息のひとりで、クーンローブ商会の創業パートナー、ソロモン・ローブの末娘、ニーナ・ローブと結婚します。(因みにジェイコブ・シーフは長女テレーズ・ローブを娶っています)

義父のソロモン・ローブが老いて健康がすぐれないため、ニーナが「アメリカに帰りたい」と言ったので、ポール・ウォーバーグは義父が創業し、義兄が経営するクーンローブ商会に入ったというわけです。

ちなみにポール・ウォーバーグのクーンローブ商会に対する第一印象は(ヌルい経営のされ方をしている投資銀行)というイメージでした。なお、この印象は、後にクーンローブ商会で奉公したSGウォーバーグの印象とも一致しています。その後、クーンローブ商会はだんだん過去の栄光の座から滑り落ちて行き、リーマンブラザーズに吸収されます。

それはさておき、アメリカに渡ったポール・ウォーバーグは、この若い新興国が過去66年にも渡って「中央銀行なし」の状態のまま運営されてきたことに驚きます。そこで「米国は中央銀行を必要としている」というレポートを書き、それをジェイコブ・シーフに提出します。ジェイコブ・シーフは当時、JPモルガンとならんで称される、ウォール街の重鎮でしたが、「このレポートは一般大衆に見せるとキケンだ」と判断し、鉄道王エドワードH.ハリマン、そしてナショナル・シティ・バンクの頭取、ジェームズA.スティルマンの二人だけに内密にこれを見せます。

ハリマンは「旧世界の金融秩序は、アメリカのような新世界には必要ない」と一蹴します。またスティルマンはウォーバーグから「金融危機が来たら、あなたの銀行は『大きすぎて潰せない』存在となり、困った事態に陥る」と指摘され、おかんむりになります。

こうしてこのウォーバーグ構想は10年近くもお蔵入りになってしまうのです。

(つづく)


FRBって、なぜこんなケッタイな名称になったの? 2/2