ワールド・ゴールド・カウンシルが『金需要トレンド2015』報告書を発表しました。

それによると金に対する需要は2015年第4四半期に増加し、個人投資家の投資需要(+15%)と、中央銀行からの需要(+25%)が増えたそうです。

特に注目されたのは中国人民銀行が7月に「金保有を少し増やした」と発表したことです。そればかりか、7月以降、中国人民銀行はコンスタントに金による準備を増やし、1,762トンまで増やしたことです。

いま中国では外貨準備がどんどん減っておる折、(ゴールドによる準備も減るのではないか?)と懸念されていました。ところがそれは逆に増えているというわけです。

インドは第4四半期に金需要が増えることが知られていますが、今年もそのような需要の増加が見られました。

1

一方、金の供給を見ると、去年は2008年以来ではじめて産金会社からの生産が前年比で減りました。

これまで需給関係を損なう最大の悪者であったETFは、ここへきて再び人気化の様相を呈しています。

銘柄ですか?

ハーモニー(ティッカーシンボル:HMY)でいいじゃないですか?

hmy

下はパプア・ニューギニアのラエ(『大空のサムライ』に出てくる、あのラエです)の近くにあるゴルプ金山です。
Wafi_Pix1