メイシーズ(ティッカーシンボル:M)が第1四半期(4月期)決算を発表しています。

EPS:予想38¢、結果40¢
売上高:予想59.4億ドル、結果57.7億ドル


売上高成長率は前年比-7.4%でした。

なお去年、同社は41店舗を閉鎖したので単純に去年の売上高と比較することはできません。

既存店売上比較は-5.6%でした。自社店舗の既存店売上比較は-6.1%でした。

2017年度のEPSは予想$3.78に対し、新ガイダンス$3.15~3.40が提示されました。

カレンダー・イヤーでの2016年の既存店売上比較は-3~4%になるだろうとしています。

その理由としてアパレルの消費が鈍い事を挙げています。3月中旬から売上モメンタムが目に見えて減速したというコメントもありました。

海外からNYの旗艦店などに訪れる観光客が去年に続き、今年も10%以上、落ち込んでいるのが痛いとしています。外国人訪米客のビジネスが今後上向くかどうかについては自信が持てないとしています。

在庫の圧縮はある程度はかどりつつあります。通年のグロスマージンは横ばいを見ています。


m