ティファニー(ティッカーシンボル:TIF)が第1四半期(4月期)決算を発表しています。

EPS:予想68¢、結果64¢
売上高:予想9.15億ドル、結果8.91億ドル


売上高成長率は-7.4%でした。

既存店売上比較は予想-5%に対し、-9%でした。

米州の売上高は-9%、米州既存店売上比較は-10%でした。その原因として消費全般が弱いことに加え外国人観光客の客足が遠のいていることが指摘されました。

アジア(日本を除く)の売上高は-8%、既存店売上比較は-15%でした。

日本の売上高は+8%、既存店売上比較は+12%でした。

欧州の売上高は-9%、既存店売上比較は-15%でした。

外国人観光客は香港、米国、欧州で落ち込みを見せました。このためティファニーは外国人観光客に依存しない戦略を進めています。

第2四半期EPSは予想79¢に対し、新ガイダンス72¢が提示されました。

tif