シリコンバレーの血液検査スタートアップ、セラノス(Theranos)を題材にした映画が計画されています。

セラノスは「世界を変える!」と豪語する若手経営者、エリザベス・ホルムズによって創業された企業で、一時は企業価値の評価が100億ドルに迫り、いわゆる「ユニコーン」として持て囃されました。

しかし約束した血液検査装置が不正確で承認を得られず、こっそり他社のデバイスを使用しクリニックを運営していたことがバレて連邦政府の医療監督当局から2年間の営業停止処分を受けました。

今回の映画の脚本を書くのは『マネー・ショート』で監督、脚本を担当したアダム・マッケイです。

主演は『ハンガー・ゲーム』のジェニファー・ローレンスになるそうです。

2