エクソン・モービル(ティッカーシンボル:XOM)が第2四半期決算を発表しています。

EPS:予想64¢、結果41¢
売上高:予想640億ドル、結果577億ドル


売上高成長率は前年比-22.2%でした。

原油価格の下落、精製マージンの低下が業績の足を引っ張りました。化学部門は好調でした。

原油換算の総生産高は前年同期に一致する1日当たり400万バレルでした。そのうち原油生産高は+1.7%、天然ガス生産高は-3.6%でした。

川上部門利益は2.94億ドル、去年の第2四半期より17億ドル落ち込みました。原油安が原因です。

原油生産高は新プロジェクトの稼働で本来なら増える筈でしたが、カナダのアルバータ州での山火事で油田作業員を避難させたので、差し引き±0%になってしまいました。

川下部門の利益は8.25億ドルで、去年より6.81億ドル落ち込みました。精製マージンの圧縮が原因です。


xom