フェデックス(ティッカーシンボル:FDX)が第2四半期(11月期)決算を発表しています。

EPS:予想$2.91、結果$2.80
売上高:予想149.1億ドル、結果149億ドル


売上高成長率は前年比+19.2%でした。

フェデックス・エキスプレス部門の売上高は+2%でした。基本料金の値上げ、ならびにボリューム増が寄与しました。米国内の売上高は+3%でした。重量当たりの収入は+6%でした。海外のパッケージ1個当たりの収入は+1%でした。為替差損と燃料サーチャージの減少が収入の伸びを抑えました。

フェデックス・グラウンド部門のボリュームは+5%でした。ネット通販で買われた商品の配達のビジネスが成長しました。地上運送基本料金を値上げした関係で、イールドは+4%でした。

フェデックス・フレート部門の収入は+3%でした。小口荷物の成長が寄与しました。その反面、重量は減少しました。

2017年度のEPSは予想$12.06に対し、これまでのガイダンス$11.85~$12.35が堅持されました。また設備投資額は56億ドルが堅持されました。

FDX