ウエルズファーゴ(WFC)の第4四半期決算はEPSが予想$1.00に対し96¢、売上高が予想223億ドルに対し216億ドルでした。売上高成長率は前年比±0%でした。

純金利収入は+7%の124億ドルでした。

総資産利益率は1.08%でした。

株主資本利益率(ROE)は10.94%でした。

融資残高は前年比+6%の9641億ドルでした。

預金残高は前年比+6%の1.3兆ドルでした。

貸倒引当金は前年比-3%の8.05億ドルでした。

純金利マージンは5ベーシスポイント改善し2.87%でした。

一株当たりブックバリューは-2%の$35.18でした。一株当たりタンジブル・ブックバリューは-2%の$29.25でした。

ウエルズファーゴは不正口座開設問題を是正するため、新しいパフォーマンス評価システムを発表しました。

そこでは先ず数値による営業目標を一切廃止しました。カスタマー・フィードバックを個々の行員の成績評価の中心に据え、顧客サービス、得意顧客との関係強化、リスク・マネージメントなどを基準にボーナスを決めることにしました。

また賃金を+12%引き上げました。行員の初任時間給は地域により$13.50~$17.00とまちまちですが、これらは全国最低賃金$7.25を上回る水準です。

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11