市場調査会社eマーケターズの予想によると米国のデジタル広告市場は2017年に+16%で成長し、830億ドルになると見られています。

そのうち最大のシェアを占めるのはグーグルで、40.7%と見られています。なおグーグルのデジタル広告市場での成長率は市場全体の成長率よりわずかに低い+15%と見られています。

マーケットシェアで第2位はフェイスブックで、19.7%を占めると見られています。フェイスブックの成長率は+32%です。

1

フェイスブックのデジタル広告売上高の中に占めるインスタグラム比率は、去年は15%でしたが、今年は20%になると見られています。

スナップチャットは未だ小さいですが、2017年は+158%成長し7.7億ドルになるとeマーケターズは見ています。