CSX(ティッカーシンボル:CSX)の第1四半期決算はEPSが予想43¢に対し51¢、売上高が予想27.6億ドルに対し28.7億ドル、売上高成長率は前年比+9.6%でした。

輸送量は全体が+3%、内訳はマーチャンダイズが+4%、石炭+3%、複合輸送+1%でした。

運賃は+7%でした。石炭は輸出向けが一時的に急増したことが寄与しました。マーチャンダイズと複合輸送の運賃は長期下落圧力を受けています。

今期CSXは1.73億ドルのリストラ費用を計上しました。これはEPSにして約12¢です。このため費用は前年比+13%でした。

CSXは稼働率をUPするため、運行見直し中です。

アフターマーケットでのCSX株は+2%で推移しています。

CSX