スクエア(ティッカーシンボル:SQ)の第1四半期決算はEPSが予想2¢に対し5¢、売上高が予想1.93億ドルに対し2.04億ドル、売上高成長率は前年比+39.7%でした。

第1四半期のトータル・ネット・レベニューは前年比+22%の4.62億ドルでした。スターバックスは2016年第4四半期中にスクエアのインフラストラクチャを使用することを完全に止めたので、今期の売上はゼロでした。スターバックスを除いたトータル・ネット・レベニュー成長率は+36%でした。

第1四半期のグロス・ペイメント・ボリューム(GPV)は+33%でした。

第2四半期のEPSは予想5¢に対し、新ガイダンス3から5¢が提示されました。売上高は予想2.24億ドルに対し、新ガイダンス2.23~2.26億ドルが提示されています。

2017年通年のEPSは予想18¢に対し、新ガイダンス16~20¢が提示されました。なお旧ガイダンスは1¢でした。売上高は予想9.02億ドルに対し、新ガイダンス8.9~9.1億ドルが提示されています。

SQ

【お知らせ】
Market HackのFacebookページに「いいね」すれば最新記事をサブスクライブすることができます。

広瀬隆雄のTwitterもよろしく。

最後にMarket Hack読者の親睦コミュニティ、Market Hack Salonは、現在、新規メンバーを募集中です。