7月28日にテスラは大衆車「モデル3」の引き渡し式を計画しています。

「モデル3」は、ゆくゆく年間50万台納車することが予定されています。

「モデル3」1台に使用されるリチウムの量はiPhoneの一万個分です。

このためリチウムの需要が急増すると予想されています。

リチウムは、ふんだんに存在する資源なので、枯渇のリスクはありません。

しかしリチウムは世界のどこでも採れるというわけではなく、チリ、中国、アルゼンチンに偏在しています。

リチウム関連銘柄はSQM(ティッカーシンボル:SQM)、FMC(ティッカーシンボル:FMC)、アルベマール(ティッカーシンボル:ALB)の3社のみです。

このうちSQMについては過去に記事にしました。

テスラの「モデル3」が成功すれば「白い石油」の需要は爆発する! その際、恩恵をこうむる3銘柄と投資の注意点(ダイヤモンドZAiオンライン)

今日、中国のプライベート・エクイティー・ファンド、GSRがSQMの株式取得に動いているという報道がありました。たぶん発行済み株式数の20%近くを取得するのではないか? ということです。

SQM

【お知らせ】
Market HackのFacebookページに「いいね」すれば最新記事をサブスクライブすることができます。

広瀬隆雄のTwitterInstagramもよろしく。

お問い合わせはhiroset@contextualinvest.comまでお願いします。

最後にMarket Hack読者の親睦コミュニティ、Market Hack Salonは、現在、新規メンバーを募集中です。