main

VALUをはじめたけれど、まだ誰も自分のVAを買ってくれていない……

そういう人が多いですね。

そこでアドバイスです。

まず「データ」のページに行って、「初値」の値段を確認してください。

つぎに「初値」の値段で、1VAだけ、まず自分から「売却」注文を出してください。

取引というものは、買い手が居て、そして売り手が居るから成立するもの。

このように買いの気配と売りの気配が向かい合うことを兜町(かぶとちょう)言葉で、「出会い」と言います。

当分の間、売り手は、あなた本人しか居ません!

だから「呼び水」として、1VAの売り注文を出すことが、とても重要です。

最初の売買が成立したら、2回目の売り注文は1回目の取引成立値段より少し上(たとえば20%)の値段で出してください。

このように値段を指定して注文を出すことを指値(さしね)といいます。