アマゾン(ティッカーシンボル:AMZN)の第2四半期決算はEPSが予想$1.39に対し40¢、売上高は予想371.8億ドルに対し379.5億ドル、売上高成長率は前年比+24.8%でした。

営業利益は予想11億ドルに対し6.28億ドル、前年同期比-51%でした。なお営業利益ガイダンスは4.25~10.75億ドルでした。

第3四半期は予想399.2億ドルに対し、新ガイダンス392.5億ドル~417.5億ドルが提示されました。営業利益は予想9.5億ドルに対し、新ガイダンス-4億ドルから黒字の3億ドルが提示されました。

最近の試みとしてビデオ・スクリーンを備えた「エコー・ショー」を発売したほか、全ての「エコー」デバイスにアレクサによるメッセージング機能を備えました。

またプライム・ビデオでは「インサイド・エッジ」をデビューしました。

さらに英国とドイツでは「アマゾン・チャンネルズ」を開始しました。

ドイツでアマゾン・フレッシュのサービスを開始しました。

シンガポールでプライム・ナウのサービスを開始しました。

amzn

WealthNavi