ツー・シックス(ティッカーシンボル:IIVI)はCO2レーザー光学部品、材料加工用レーザー・ツール、ファイバー用光学部品、ディスプレイ光学部品などのメーカーです。

昨日発表されたアップル(ティッカーシンボル:AAPL)のiPhone Xは、5.8インチの全面OLEDディスプレイを採用しており、ホームボタンが廃止されました。

そこで、これまでの指紋によるロック解除ではなく、「Face ID」と呼ばれる認証方式が採用されました。

そこではTrueDepthカメラにより3万以上のドットを投射し、解析することでユーザーの顔の深度マップを作ります。

1

「Face ID」で顔の深度マップを作る際、TrueDepthカメラが3万以上のドットを投射する技術は、ツー・シックスのVCSEL(ヴィクセル=垂直共振器面発行レーザー)が使用されていると思われます。

TrueDepthカメラへの納入業者としてはルメンタム(ティッカーシンボル:LITE)、フィニサー(ティッカーシンボル:FNSR)など数社の名前が上がっており、どの業者が実際に部品を提供しているのかは判然としません。

しかし少なくともフロント・カメラにはツー・シックスのVCSELが採用されていると言われています。

この製品は量産に手間取っており、アップルがiPhone Xの発売日を11月3日にずらしたことは、ツー・シックスに時間的余裕を与えると思われます。

iivi

【お知らせ】
Market HackのFacebookページに「いいね」すれば最新記事をサブスクライブすることができます。

広瀬隆雄のTwitterInstagramもよろしく。

お問い合わせはhiroset@contextualinvest.comまでお願いします。

最後にMarket Hack読者の親睦コミュニティ、Market Hack Salonは、DMMオンラインサロンに引っ越ししました。現在、新規メンバーを募集中です。