下は年初来のビットコインのチャートです。

1

まず指摘できることは、上昇トレンドは崩れていないということです。

ただ「三尊天井」になるリスクは、まだあると思います。

次に8月中旬以降の最近のプライス・アクションだけを抽出してみると、次のようなチャートになります。

2

目先のダウントレンド(赤)からは脱却しました。

また直近の戻り高値4067(緑)を奪還し、今日は4089まで買い進まれています。これはテクニカル的にひとつのハードルを越えたことを意味します。

いずれにせよ、ここまでのビットコイン価格の動きは、テクニカル的には「重症ではない」と言えると思います。


【お知らせ】
Market HackのFacebookページに「いいね」すれば最新記事をサブスクライブすることができます。

広瀬隆雄のTwitterInstagramもよろしく。

お問い合わせはhiroset@contextualinvest.comまでお願いします。

最後にMarket Hack読者の親睦コミュニティ、Market Hack Salonは、現在、新規メンバーを募集中です。