バンク・オブ・アメリカ(ティッカーシンボル:BAC)第3四半期決算はEPSが予想45¢に対し48¢、売上高が予想220.7億ドルに対し220.8億ドル、売上高成長率は前年同期比+2.1%でした。

純金利収入は112億ドルで、去年第3四半期に比べると10億ドル増えました。金利上昇ならびに融資増、預金増が寄与しました。

セールス&トレーディング売上高は31億ドル、前年同期比-13%でした。DVAを除くとマイナス15%でした。

債券為替コモディティ部門は-19%、株式部門は+2%でした。

総資産利益率(ROA)は0.98%でした。前年同期は0.90%でした。

株主資本利益率(ROE)は8.1%でした。前年同期は7.3%でした。

有形自己資本利益率は11.3%でした。前年同期は10.3%でした。

一株当たりブックバリューは$23.92でした。タンジブルBVPSは$17.23でした。

引当金は8億ドル増加しました。これは前年同期の1億ドルの増加より増加額が多かったです。その理由はクレカ・ポートフォリオのシーズニング、ローン成長によります。

純金利収入に関しては、イールドカーブが100bpパラレル上昇すれば、向こう1年間で純金利収入は32億ドル増えると試算しています。

bac