コカコーラ(ティッカーシンボル:KO)の第3四半期決算はEPSが予想49¢に対し50¢、売上高が予想87.3億ドルに対し90.8億ドル、売上高成長率は前年同期比-14.6%でした。

同社の売上高はボトリング網のリフランチャイジングの影響(-18%)を受けています。それを除いたオルガニックな売上高成長率は+4%でした。うち価格が+3%、原液が+1%でした。ケース・ボリュームは横ばいでした。

新興国の需要はしっかりでした。先進国のパフォーマンスは天候の影響でいまひとつでした。

2017年のEPSは予想$1.89に対し、これまでのガイダンス$1.87~$1.91が堅持されました。

ko