ビットコインが急落しています。これを書いている11月13日朝3時の時点で6086ドルで取引されています。高値7879から1800ポイント近くも下げたことになります。

今年はビットコインの価格が急騰した関係で、こんな風に「何ポイント動いたか?」を語ると凄い暴落のように感じてしまいます。でも下落率や上昇率が肝心なわけだから、ここは対数チャートで物事を見た方が良い気がします。

それでゆくと、別に上昇トレンドが壊れたわけではありません。

1

むしろ、ちょうどいい押し目のように感じます。

たぶんあと一ヶ月以内にCMEにビットコイン先物が上昇されると思います。アメリカの投資コミュニティでは「ビットコイン先物がCMEに上場されたら、1000億ドルの待機資金が参戦する」と言われています。現在のビットコインの時価総額が1042億ドルなので、それに匹敵する新規のマネーが流入してくる可能性があるわけです。

それからビットコインのカストディー(信託)サービスも近く始められます。これも重要だと思います。なぜなら寄金や年金の資金はカストディーが設定できなければ参戦して来ないからです。たぶん寄金のマネーは向こう3か月以内、年金のマネーはヘッジファンドへの投資というチャンネルを通じて向こう3年くらいの間に参戦してくると思います。

一方、ハッシュレートは急落しています。これは良い兆候とは言えません。

2