もしこれを読んでいるあなたが20代か30代なら、すぐに次の3つのことに取り掛かってください。

1) 積立投資を開始する
2) ネットワーキング(人脈作り)を開始する
3) 副業(Side Hustle)を開始する


この3つには共通することがあります。それは、これらのことを始めるのが早ければ早いほど有利だということ。つまり若者ほど有利なのです。

積立投資は毎月自動引落しなどの方法で強制的に貯蓄をする習慣を身につけるのに最適です。この習慣が、あるか、ないか?で、30年後に大きな差が出ます。

たとえば「つみたてNISA」などは、直ぐ始めた方がいいです。

いまは人生100年時代なので、定年はひとつの節目に過ぎず、会社を退いたからといって遊んで暮らせるわけではないでしょう。年金ではギリギリの生活すらおぼつかないと思います。

すると「次」を探さなければいけないけれど、老人の職探しは若者の職探しとは全然異なります。特別な人脈や専門知識を持つ老人が職にありつくことはできるかもしれないけれど、その他大勢の老人は「使い捨て」のような使われ方しか無いと断言できます。なぜなら老人は「会社と一緒に成長する」ことは出来ないから。

会社時代に人脈を培うことは大いに結構です。しかしそこで培った人脈は、ひょっとするとあなたに帰属するものではなく、会社に帰属するものなのかもしれません。すると会社を去った後でも、その人脈が利用可能かどうか?についてはよく考えてみる必要があります。

殆どの人脈は、あなたがある会社の社員だから維持できるものであって、あなたが会社を去れば、もう相手にとってあなたという「つながり」は無価値なものになる場合が多いです。

だからネットワーキング(人脈作り)は、会社や仕事を通じて「のみ」では不十分です。

幸い、いまはSNSなどネットワーキングのツールには事欠きません。だからネットワーキングをやっていない、あるいはネットワーキングが出来ないことを、自分の置かれた境遇や、「時間がない!」などのせいにすることは出来なくなっています。

副業は、アメリカではSide Hustleと呼ばれ、流行っています。それが流行っている理由は、就業形態がどんどん変化していることによります。ひとつの会社に永く勤めるということが少なくなっている上、テンプ(=アルバイト)、アウトソース(=外注)など色々な方法で企業は「必要な時、必要なだけ」労働力を確保するようになっています

逆に言えば、そういう流れで「こま切れ、かつ、短期の仕事」は増えているのです。

「終身雇用のリズムになじむ」ことから「短期ギグ(gig=単発の仕事)のリズムになじむ」ことへ移行しないと、ネット時代の仕事の在り方に取り残されてしまいます。

このリズムに慣れるには、若いときから副業で環境順応力を養っておいた方が有利です。





【お知らせ】
Market HackのFacebookページに「いいね」すれば最新記事をサブスクライブすることができます。

広瀬隆雄のTwitterInstagramnoteもよろしく。

お問い合わせはhiroset@contextualinvest.comまでお願いします。

最後にMarket Hack読者の親睦コミュニティ、Market Hack Salonは、現在、新規メンバーを募集中です。