中国のビットコイン・マイニング・プール、ViaBTCがマイニング・コントラクト・マーケットプレース業務を終了すると発表します。

ビットコインのマイニングとは、ビットコインの取引が純正であるかどうかを検証する作業を指します。パワフルなコンピュータを投入して検証作業をやる必要があり、電力を沢山喰うし、だんだん資本力の勝負になってきています。中国はビットコインのマイニングのメジャー・プレーヤーです。

マイニング・プールとは、個人がそのマイニング作業に出資し、その対価としてリターンを享受する約束を指し、たとえて言えば、投資信託のようなものと思えば良いです。

そのような「マイニング投資信託」の売り手、買い手が集う場所がマーケットプレースというわけです。今回、これがシャットダウンされました。

ViaBTCは、業務終了するにあたり「投機をコントロールし、投資家の利益を保護するため1月10日でマーケットプレースを終了する」というリリースを出しています。

なおこのマーケットプレースは2016年11月から開始されたので、1年余りの歴史しかありません。

中国政府は、ICOを禁止したほか、仮想通貨の取引所をシャットダウンしました。最後に残っているのがマイニング業務です。ただ、マイニング業務は取り締まるのが難しいです。その中にあって、マイニング・プール・コントラクトのマーケットプレースは、一足先に「お取り潰し令」が発せされた仮想通貨取引所同様、投資家が一堂に会する場なので、差し押さえやすいという性格を帯びています。

ビットコインのマイニングには莫大な電気代がかかるため、近年、環境問題に取り組んでいる中国政府はビットコインのマイニングが大気汚染の原因を提供しているのではないか? と疑いの目を向けてきました。

なお、今回のビットコイン・マイニング・プールのマーケットプレースのシャットダウンは、中国における仮想通貨マイニングそのものが全部無くなることを意味しません。これは重要なニュアンスなので、「すわ中国のマイニング終了か!」と早とちりしないこと。

但し、中国政府はビットコインそのものにフレンドリーではないので、中国国内のマイナーは国外へオペレーションを移しつつあります。



【お知らせ】
Market HackのFacebookページに「いいね」すれば最新記事をサブスクライブすることができます。

広瀬隆雄のTwitterInstagramnoteもよろしく。

お問い合わせはhiroset@contextualinvest.comまでお願いします。

最後にMarket Hack読者の親睦コミュニティ、Market Hack Salonは、現在、新規メンバーを募集中です。