ウエルズファーゴ(ティッカーシンボル:WFC)の第4四半期決算は、特殊要因を除くEPSが予想$1.03に対し$1.16、売上高が予想226.4億ドルに対し221億ドル、売上高成長率は前年同期比+2.2%でした。

なお今期のEPSには沢山の一時要因が含まれています。税制改革法案による一時益が33.5億ドル(+67¢)、保険サービス事業売却益8.48億ドル(+11¢)、架空口座、住宅ローン不適切勧誘などに絡む訴訟費用32.5億ドル(-59¢)などです。

平均融資残高は62億ドル増えて9561億ドルになりました。

商業向け融資損金計上率は0.09%、消費者向け融資損金計上率は0.56%でした。損金計上の合計は7.51億ドルでした。これは第3四半期より3400万ドル増えました。

住宅ローン非金利収入は9.28億ドルでした。第3四半期は10億ドルでした。住宅ローン・オリジネーションは530億ドルでした。これは第3四半期の590億ドルより少なかったです。


【お知らせ】
Market HackのFacebookページに「いいね」すれば最新記事をサブスクライブすることができます。

広瀬隆雄のTwitterInstagramnoteもよろしく。

お問い合わせはhiroset@contextualinvest.comまでお願いします。

最後にMarket Hack読者の親睦コミュニティ、Market Hack Salonは、現在、新規メンバーを募集中です。