シティグループ(ティッカーシンボル:C)の第4四半期決算はEPSが予想$1.19に対し$1.28、売上高が予想172.3億ドルに対し172.6億ドル、売上高成長率は前年同期比+1.4%でした。

税制改革法案成立に伴うノン・キャッシュ一時損は220億ドルでした。これは繰り延べ税資産の再評価が原因です。

修正株主資本利益率は6.5%、修正有形自己資本利益率は8.9%でした。
期末融資残高は前年同期比+7%の6670億ドルでした。
エフィシェンシー・レシオは58%でした。予想は59%でした。

シティグループは2018年の税率を25%と予想しています。(JPモルガンとウエルズファーゴの予想は19%)

他行に比べシティグループの税率が高い理由は海外事業の占める割合が大きいからです。
第4四半期のクレジット・コストは前年同期比+16%の21億ドルでした。純損金計上は1.84億ドルでした。

市場証券サービス部門売上高は前年同期比-17%の34億ドルでした。債券部門は-18%の24億ドル、株式部門は-23%の5.3億ドルでした。ひとつの金法顧客から1.3億ドルのデリバティブ損が発生しました。

ブックバリューは$70.85でした。タンジブル・ブックバリューは$60.4でした。これらは前年同期比でそれぞれ-5%と-6%でしたが、その理由は主に税制改革に伴う変更が原因です。

c


【お知らせ】
Market HackのFacebookページに「いいね」すれば最新記事をサブスクライブすることができます。

広瀬隆雄のTwitterInstagramnoteもよろしく。

お問い合わせはhiroset@contextualinvest.comまでお願いします。

最後にMarket Hack読者の親睦コミュニティ、Market Hack Salonは、現在、新規メンバーを募集中です。