ペイパル(ティッカーシンボル:PYPL)の第4四半期決算はEPSが予想52¢に対し55¢、売上高が予想36.4億ドルに対し37.4億ドル、売上高成長率は前年同期比+25.6%でした。

第4四半期の決済総額(TPV)は1310億ドル、前年同期比+32%でした。マーチャント・サービス・ボリュームは+36%でTPVに占める割合は87%でした。イーベイがTPVに占める割合は13%でした。

P2Pボリュームは+50%の270億ドルでした。なかでもVenmoは104億ドルの決済をこなしました。これは前年同期比+86%でした。2017年通年のVenmoは+97%の350億ドルでした。

第1四半期EPSは予想54¢に対し、新ガイダンス52~54¢が提示されました。売上高は予想35.5億ドルに対し、新ガイダンス35.8~36.3億ドルが提示されました。2018年通年のEPSは予想$1.87に対し、新ガイダンス$2.24~$2.30が提示されました。売上高は予想129.8億ドルに対し、新ガイダンス150~152.5億ドルが提示されました。


PYPL


【お知らせ】
Market HackのFacebookページに「いいね」すれば最新記事をサブスクライブすることができます。

広瀬隆雄のTwitterInstagramnoteもよろしく。

お問い合わせはhiroset@contextualinvest.comまでお願いします。

最後にMarket Hack読者の親睦コミュニティ、Market Hack Salonは、現在、新規メンバーを募集中です。