2月9日、インドのナショナル・ストック・エクスチェンジ(NSE)、ボンベイ・ストック・エクスチェンジ(BSE)、メトロポリタン・ストック・エクスチェンジ(MSE)が海外のトレーディング・プラットフォームへの取引データ提供をストップすると発表しました。また指数を算出しているMSCIのような海外の業者や、その指数を基にデリバティブ商品を出している企業に対するデータ提供もストップしました。この発表にはETFやETNも含まれます。

これに対しMSCIは「今回の決定はインド市場に投資する世界の機関投資家にとりネガティブなニュースだ」としています。また「世界の新興国がやっているデータ提供の慣習と比較して、インドの今回の決定は常軌を逸しており、(ETFのような)投資商品のトレードが円滑にできなくなる可能性がある」と指摘しています。

今回のような非競争的な措置は外国の投資家のインド市場へのアクセスを妨害することに他ならず、MSCIは2月15日付のリリースの中でエマージング・マーケット指数に占めるインドの構成比率を見直す可能性があるとほのめかしています。

インド関連のETFとしてはバークレイズ・アイパスMSCIインドETNはMSCIの提供する指数に依拠した商品です。

一方、ウィズダムツリー・インド収益ETFは直接MSCIには依存していませんが、リアルタイムデータが取得できなくなるとアービトラージに影響が出る恐れがあります。

今後の展開を注視したいと思います。

WealthNavi



【お知らせ】
Market HackのFacebookページに「いいね」すれば最新記事をサブスクライブすることができます。

広瀬隆雄のTwitterInstagramnoteもよろしく。

お問い合わせはhiroset@contextualinvest.comまでお願いします。

最後にMarket Hack読者の親睦コミュニティ、Market Hack Salonは、現在、新規メンバーを募集中です。