ネットフリックス(ティッカーシンボル:NFLX)の第1四半期決算はEPSが予想63¢に対し64¢、売上高が予想36.9億ドルに対し37億ドル、売上高成長率は前年同期比+40.3%でした。

売上高成長はメンバーシップの増加(+25%)と平均単価の増加(+14%)に助けられました。

営業マージンは232ベーシスポイント改善し12%になりました。

米国の新規サブスクライバー数は+196万人でした。(予想は+145万人)

海外の新規サブスクライバー数は+546万人でした。(予想は+490万人)

第2四半期のEPSは予想66¢に対し、新ガイダンス79¢が提示されました。売上高は予想38.9億ドルに対し、新ガイダンス39.3億ドルが提示されました。

通年の営業マージンガイダンスはこれまでの10%から10~11%に引き上げられました。

コンテンツ費用は通年で75~80億ドルを引き続き予想しています。またマーケティング費用は下半期により沢山発生すると見込んでいます。

通年の営業キャッシュフローは30~40億ドルの赤字を見込んでいます(不変)。

NFLX


【お知らせ】
Market HackのFacebookページに「いいね」すれば最新記事をサブスクライブすることができます。

広瀬隆雄のTwitterInstagramnoteもよろしく。

お問い合わせはhiroset@contextualinvest.comまでお願いします。

最後にMarket Hack読者の親睦コミュニティ、Market Hack Salonは、現在、新規メンバーを募集中です。