今日、ニューヨークで開催されている『デジタル・コンテント・ニュー・フロント2018』でツイッター(ティッカーシンボル:TWTR)がウォルト・ディズニー(ティッカーシンボル:DIS)のESPNと共同で新しいコンテンツを開発することを発表します。

ツイッターのプレゼンはNY市場が引けた後、午後6時から8時までです。また明日(5月1日)は朝9時から11時の時間帯にディズニー・デジタル・ネットワークも登壇する予定であり、そこでもこのESPNのベンチャーに関してプレゼンがあると思われます。

このディールが重要な理由はESPNは全米最大のスポーツ・チャンネルだということです。またウォルト・ディズニーの利益にも最も貢献しているドル箱部門です。

しかしESPNはケーブルTVに配信されている関係で、いわゆる「コード・カッティング」すなわちケーブルTVの契約を止めて、ストリーミングに切り替える最近の時代の流れによって悪影響を受けています。これはネットフリックスの登場が少なからず影響しています。

そこでディズニーは将来、ネットフリックスの向こうを張って自らストリーミング・サービスに乗り出すことを計画しています。

スポーツはリアルタイム性がとりわけ重要なコンテンツであり、ネットフリックスやアマゾン・プライムが不得意とする分野です。しかし視聴者数が多いカテゴリーであり、ディズニーが「一発逆転ホームラン」をかっ飛ばすためには、無くてはならない虎の子のコンテンツです。

ディズニーはBAMTechというストリーミング企業の株式を取得し、視聴者参加型のストリーミング・プラットフォームを着々と進めています。しかしそれだけでは視聴者の獲得は十分ではないかもしれません。SNSによる拡散が、どうしても必要なのです。ニュース性、即時性に優れたツイッターに白羽の矢が立ったのは、そのような事情によります。

まだプレゼンが実施されてないのでディールの詳細はわかりませんが、たぶんコンテンツを共同で開発する、それをツイッター上で配信する……といった内容になると思います。またゆくゆくはディズニーのストリーミング・サービスの存在をツイッターでガンガン宣伝してゆくことも予想されるため、ツイッターとしては広告収入も期待できるというわけです。

twtr

マネックス証券



過去記事をチェックするには: MARKET HACK HISTORY VIEW

【お知らせ】
Market HackのFacebookページに「いいね」すれば最新記事をサブスクライブすることができます。

広瀬隆雄のTwitterInstagramnoteもよろしく。

お問い合わせはhiroset@contextualinvest.comまでお願いします。

最後にMarket Hack読者の親睦コミュニティ、Market Hack Salonは、現在、新規メンバーを募集中です。