はあちゅうがティッピングしています。

ティッピングとは、マルコム・グラッドウェルが流行らせた言葉で、彼の著書「Tipping Point」から来ています。

それまでチョロチョロとした小さな変化が、勢いをつけ、いつのまにか怒涛のようなトレンドになることを指します。

いま、はあちゅうがティッピングさせようとしているものは何か?

それはクリエイティブ・プロセス(=創造的な仕事の進め方)を、ごっそり新しいやり方に移行しようとしているのです。

彼女は伝統的なやり方で紙の本も出していますが、そのプロセスに対する不満を次のようなツイートで吐露しています。




それとほぼ同じタイミングで、ぜんぜん違う件、つまりオンラインサロンについてもツイートしています。




彼女のところへオンラインサロンの取材が殺到しているのは、彼女が先駆者だから。

オンラインサロンは、クリエイティブ・プロセスを刷新するひとつのツールになりうると思います。

実はこの手のことはもっと世界的かつ巨大なスケールでも起こっています。一例がスポティファイ。スポティファイはミュージック・ストリーミングのサービスを提供していますが、これまでは3大レーベルの「言い値」で音楽をストリーミングする使用権を買わされてきました。

しかしだんだん力関係が逆転し、2016年に使用権をネゴり直し、3大レーベルが大幅に値引きすることに合意したのです。

これはレコード会社の相対的な地位低下を象徴していると思います。

実際、ファンを握っているのはスポティファイであり、ディストリビューションをコントロールしているのはスポティファイであり、若手アーチストを育てているのはスポティファイなのだから、もうレコード会社は出る幕は無いわけで。

教科書的なディスインターメディエーション(disintermediation)、つまり中抜き業者(=レコード会社)がスルーされることがおこりつつあるわけです。

オンラインサロンやnote.muはディスインターメディエーションを引き起こすパワフルなツールです。

(あたしが創作して、ファンを連れてきて、商品を売って、コミュニティを構築しているのに、なんで出版社は私をタダ働きさせるの!?)

というはあちゅうの主張は100%正しいと僕は思います。