ウォルマート(ティッカーシンボル:WMT)の第1四半期(4月期)決算はEPSが予想$1.12に対し$1.14、売上高が予想1192.9億ドルに対し1216.3億ドル、売上高成長率は前年同期比+4.4%でした。

米国既存店売上比較は予想+2.3%に対し+2.1%でした。うち来店客数は+0.8%、単価は+1.3%でした。

食品の売上が好調でした。4月が例年より寒かったことで季節用品の売上が冴えませんでした。グロスマージンは23ベーシスポイント下落しましたが、これは燃料費、サードパーティーの輸送コストの圧迫が主因です。

海外既存店売上比較は英国が+3.4%、メキシコが+9.5%、カナダが+2.6%、中国が+4.0%でした。

サムズ・クラブの既存店売上比較は+3.8%でした。来店客数は+5.6%でした。たばこの販売をやめたことが既存店売上比較を140ベーシスポイント押し下げました。

ウォルマートは中国のJD.comの株式を保有しています。今年から導入された新会計基準ではその含み益、含み損を報告しなければいけなくなります。JD.comへの投資は1月1日の時点で37億ドルの含み益になっていましたが、それ以降、JD.com株が下落したので今期は18億ドルの含み損になりました。

同様にウォルマートはインドのフリップカートへも投資しています。2019年度フリップカートへの投資はウォルマートのEPSを25~30¢押し下げると予想します。

WMT


過去記事をチェックするには: MARKET HACK HISTORY VIEW

【お知らせ】
VALUで仮想通貨に関する記事を随時UPしています。

valu_og_white

Market HackのFacebookページに「いいね」すれば最新記事をサブスクライブすることができます。

広瀬隆雄のTwitterInstagramnoteもよろしく。

お問い合わせはhiroset@contextualinvest.comまでお願いします。

最後にMarket Hack読者の親睦コミュニティ、Market Hack Salonは、現在、新規メンバーを募集中です。