シティグループ(ティッカーシンボル:C)の第2四半期決算はEPSが予想$1.56に対し$1.63、売上高が予想185.2億ドルに対し184.7億ドル、売上高成長率は前年同期比+1.7%でした。

売上高はインスティチューショナル・クライアント・グループ(ICG)とグローバル・コンシュマー・バンキング(GCB)の貢献で伸びましたが、レガシー資産の処分が足を引っ張りました。

<地域別売上高>
北米:前年同期比-1%の85億ドル
欧州中東アフリカ:前年同期比+6%の30.4億ドル
ラテンアメリカ:前年同期比+6%の25.4億ドル
アジア:前年同期比+6%の38億ドル
その他:前年同期比-20%の5.3億ドル

純利益は前年同期比+16%の45億ドルでした。税率の低下に助けられました。その反面、クレジット・コストが嵩みました。

エフィシェンシー・レシオは58%でした。シティグループにおける費用は107億ドルでこれは不変でした。

株主資本利益率は9.2%、有形自己資本利益率(ROTCE)は10.8%でした。

ペイアウトレシオは75%でした。

シティグループの期末融資残高は前年同期比+4%の6710億ドルでした。

マーケッツ部門の売上高は前年同期比-1%の45億ドルでした。うち債券部門売上高は-6%の31億ドルでした。トレーディング環境の悪化が原因でした。株式部門売上高は+19%の8.64億ドルでした。ボラティリティーの増加が寄与しました。

一株当たりブックバリューは$71.95でした。タンジブル・ブックバリューは$61.29でした。


C


過去記事をチェックするには: MARKET HACK HISTORY VIEW

【お知らせ】
VALUで仮想通貨に関する記事を随時UPしています。

valu_og_white

Market HackのFacebookページに「いいね」すれば最新記事をサブスクライブすることができます。

広瀬隆雄のTwitterInstagramnoteもよろしく。

お問い合わせはhiroset@contextualinvest.comまでお願いします。

最後にMarket Hack読者の親睦コミュニティ、Market Hack Salonは、現在、新規メンバーを募集中です。