スポティファイ(ティッカーシンボル:SPOT)の第2四半期決算はEPSが予想-€0.66に対し-€2.20、売上高が予想に一致する12.7億ユーロ、売上高成長率は前年同期比+26.4%でした。

為替が大きなネガティブ要因となっており、それを除けば売上高成長率は前年同期比+34%でした。

プレミアム(=サブスクライバー)売上高は+27%の11.5億ユーロでした。

広告売上高は+20%の1.23億ユーロでした。

GDPRが導入された後、売上成長率が鈍化しました。現在、それに応じて経営の軌道修正をしたため売上トレンドは回復しています。GDPRのネガティブ・インパクトは峠を越えたと見ています。

現在のマンスリー・アクティブ・ユーザー数は前年同期比+30%の1.8億人、プレミアム・サブスクライバー数は+40%の8300万人です。

第3四半期売上高は予想13.1億ユーロに対し新ガイダンス12から14億ユーロが提示されました。第4四半期売上高は予想14.7億ユーロに対し新ガイダンス13.5~15.5億ユーロが提示されました。


SPOT



過去記事をチェックするには: MARKET HACK HISTORY VIEW

【お知らせ】
VALUで仮想通貨に関する記事を随時UPしています。

valu_og_white

Market HackのFacebookページに「いいね」すれば最新記事をサブスクライブすることができます。

広瀬隆雄のTwitterInstagramnoteもよろしく。

お問い合わせはhiroset@contextualinvest.comまでお願いします。