先日、スターバックス(ティッカーシンボル:SBUX)が第3四半期(6月期)決算を発表したとき、EPSと売上高はコンセンサス予想を上回りましたが投資家を「あっ!」と言わせる事がありました。それは中国アジア太平洋の既存店売上比較が-1%だったことです。

これまでスターバックスは米国での既存店売上比較の低迷に苦しんできましたが、中国をはじめとするアジア太平洋に投資家は一縷の希望をつないできました。

ところが今回の決算では下のチャートに見るように中国アジア太平洋の既存店売上比較のうち来店客(トラフィック)が-3%と信じられない落ち込みを見せたのです。

プレゼンテーション1

スターバックスはすでに中国で3400店舗を展開しておりコーヒーショップ市場の80%のマーケットシェアを牛耳っています。いや、「スターバックスが中国人にコーヒーを教えた」と言った方が正しいでしょう。

しかしそこに瑞幸珈琲(Luckin Coffee)という強力なライバルが登場したのです。

5a682fcd4332cS0E.jpg_e600

同社は強力なベンチャー・キャピタル各社から投資を受け、わずか9か月のうちに525店舗を中国各地にオープンしました。

7月16日にも2億ドルに上るファンディング・ラウンドを完了しましたが、元ウォーバーグ・ピンカスのメンバーが設立したベンチャーファンド、センチュリアム・キャピタル、GIC(シンガポール政府投資庁)など錚々たるVCが参加しました。現在のバリュエーションは10億ドルを超えており、いわゆるユニコーンの仲間入りをしました。

同社は5月にスターバックスに対して「独占的な行動を許さない!」とする公開質問状を送りました。これはある種の「炎上狙い」という風に中国では理解されているようですが、現在のスターバックスのマーケットシェアは高すぎるので軽率な受け答えをすると当局を刺激するリスクもあります。

瑞幸珈琲はハイテクを駆使したサービスを展開しておりWeChatを利用した「コーヒー・ウォレット」による支払なども受け付けています。

さらに同社は「オフィスに18分以内にコーヒーを配達します」というコーヒー配達サービスをアグレッシブに展開しており、さすがに脅威に感じたスターバックスは直ぐにアリババと組んで「30分以内に配達」というサービスを対抗上開始しています。

中国ではこれまでもeBayやUBERが進出すると直ぐにローカル企業がそのアイデアをパクり、外国企業に痛打を与えるということが繰り返されてきましたが、いよいよコーヒーショップにもそれが波及してきているというわけです。

【お知らせ】
広瀬隆雄のnoteもよろしく。

お問い合わせはhiroset@contextualinvest.comまで。