現在空席になっている米国証券取引委員会(SEC)コミッショナーに民主党のアリソン・リー元SEC執行弁護士が推挙される観測が浮上しています。

SECコミッショナーは大統領が指名し上院が承認する手続きを経たのち正式に就任します。

SECコミッショナーは定員が5名ですが現在は4名しか居ません。この欠員になっている席にアリソン・リーが座ることになるわけです。

彼女は現在SECコミッショナーのひとりであるカーラ・スタイン(民主党)のかつての部下でSECのデンバー支局に勤務していました。そのカーラ・スタインはすでに5年の任期を終了しており、いまは1年間の延長措置によりコミッショナーを続けています。

SECコミッショナーはひとつの政党から3名までしか指名できません。これは党派が偏ることを避けるための規定です。すでに現在、共和党から3名のコミッショナーが出ているので、トランプ大統領は好むと好まざるにかかわらず民主党の候補者を選ばざるをえないのです。



【お知らせ】
広瀬隆雄のnoteもよろしく。

お問い合わせはhiroset@contextualinvest.comまで。