アマゾン(ティッカーシンボル:AMZN)が映画館チェーン、ランドマーク・シアターズ(非公開)の買収に食指を動かしています。

Landmark_Theatres_01

ランドマーク・シアターズはAMCエンターティメント、シネマークと並んで大手映画館チェーンの一角で、52のシネコンを展開しており、スクリーン数は252です。

アマゾンは「アマゾン・スタジオ」というTV・映画製作部門を持っています。同部門は、既に賞もいくつか受賞しており、着実に力をつけてきています。

現在、「アマゾン・スタジオ」で製作した映画を配給する際、それを有利に展開できる経路を模索中です。

さて、アメリカでは映画会社が映画館チェーンを所有することは禁じられています。

アマゾンの場合、「アマゾン・スタジオ」は同社の事業の中では取るに足らないちっぽけな存在なので、このルールにはたぶん抵触しないと思われます。しかし最終的な判断は司法省に委ねられると思います。

その司法省ですが、ビデオ・ストリーミングの隆盛に対応するカタチで、ハリウッド映画の興業ルールの見直しに入っています。

その一環として「映画会社が映画館チェーンを所有できない」という1948年の判例(=「米国連邦政府対パラマウント・ピクチャーズ 一括独占予約Block bookingの禁止」を再考中だと言われています。

つまり当時はネットフリックスに代表されるビデオ・ストリーミングが無かったので映画会社が映画館チェーンを買収すれば配給を独占することができたのですが、いまはもう競争が激しいのでそういう心配は無いということです。

むしろ映画館の多くは死線を彷徨っており、アマゾンのような会社に買収されたほうが消費者にとって良いという考え方もできるというわけです。


【お知らせ】
広瀬隆雄のnoteもよろしく。

お問い合わせはhiroset@contextualinvest.comまで。