ripple-logo

リップルの法務担当役員ブリンリ・リアが辞任しました。彼女はリップルに2年半在籍しました。

リップルは現在、幾つかの集団訴訟に遭っています。「有価証券の登録をせずにトークンを販売した」というのがその訴訟理由です。

これらの一連の訴訟に備えるため、同社は6月にメアリー・ジョー・ホワイト前米国証券取引委員長を顧問として迎えました。

メアリー・ジョー・ホワイトは「重鎮」のひとりなので、ブリンリ・リアとしては影が薄くなることは避けられなかったと思います。

そこらへんが今日の辞任に関係しているのかどうかは、わかりません。