ウクライナ経済は2012年半ばからリセッションに入っています。今後の見通しも極めて厳しいです。2013年1月~9月の期間はGDPが前年比で-1.1%でした。

1

高止まりしている失業率は、ここへきて再び悪化の兆候を見せています。

2

経済の不調の原因は輸出の低迷と投資の離散です。

ウクライナ政府は通貨(フリヴニャ)防衛のため政策金利を高くしています。これが不況を招来し、食品価格をはじめとした物価の広範な下落を招いています。

3

フリヴニャ(Ukrainian Hryvna)は1月8日には8.237でしたが、デモ隊との衝突が激しくなるにつれ2月1日には8.615、2月21日には8.905と下落しています。

ウクライナ政府は天然ガスの輸入を抑制しているにもかかわらず経常収支は悪化しています。政府は外貨交換に関するルールを厳格化することで外貨準備の流出を防いでいます。これは投資家にとっては取引コストの増加を招いています。

ウクライナの外貨準備は輸入の2.5ヶ月分しかなく、危機的な水準です。

7続きを読む