10月26日に決選投票を控えたブラジルの大統領選挙ですが、今日、現職のルウセフ大統領がウェブ上でペトロブラス(ティッカーシンボル:PBR)において公金横領や仕事の発注に際して汚職があった点を認めました。この汚職には労働者党(PT)の幹部も関与していたそうです。

ペトロブラスはリオデジャネイロ沖のプリサルト地層で大きな油田が発見されるまではブラジル産業界のポスター・チャイルドとして内外の尊敬を集めてきました。

しかし巨万の富のニオイを嗅ぎ付けた政府は、強引なやり方で同社を再国有化してしまいます。過半数株式を握ったところで、外国企業を締め出し、発注をブラジル企業に限定するという、あからさまなえこひいきを始めたわけです。そのウラで、受注した企業にキックバックを要求したのだと思います。

pbr