いよいよ今月の23日にフランス大統領選挙第一回投票が行われます。選挙のみどころに関しては別のところに詳しく書いたので、そちらを参考にしてください。

【関連する記事】フランス大統領選挙と欧州株式市場

そこで今日は具体的にどのような投資対象があるのか? について書きます。

まずフランスに投資するETFとしてはアイシェアーズMSCIフランスETF(ティッカーシンボル:EWQ)があります。

1

ポートフォリオの株価収益率(PER)は16.9倍、株価純資産倍率は1.57倍、配当利回りは2.6%、費用比率は0.48%です。

EWQ

フランスの大統領選挙はフランスだけの問題ではなく、EU全体の問題でもあります。

そこでユーロ圏に投資するETFとしてはウィズダムツリー欧州米ドルヘッジ付ファンド(ティッカーシンボル:HEDJ)があります。主な組み入れ国は下のパイチャートの通り。

2

銘柄の内訳は、こうなっています。

3

HEDJ

フランスのお隣のドイツは、とりわけ経済がしっかりしています。ドイツに投資するETFとしてはアイシェアーズMSCIドイツETF(ティッカーシンボル:EWG)があります。

4

同ETFの株価収益率(PER)は16.6倍、株価純資産倍率は1.87倍、配当利回りは2.17%、費用比率は0.49%です。

EWG


【お知らせ】
Market HackのFacebookページに「いいね」すれば最新記事をサブスクライブすることができます。

広瀬隆雄のTwitterもよろしく。

最後にMarket Hack読者の親睦コミュニティ、Market Hack Salonは、現在、新規メンバーを募集中です。