日曜日に行われたフランス大統領選挙決選投票で野党・社会党のフランソワ・オランド前第一書記が勝ちました。

オランド勝利は市場にどう受け止められるのでしょうか?

先ずオランド勝利はかなり相場に織り込まれてしまっていると思います。

オランド自身については「ちょっと政治経験が浅い」とする市場参加者も居ます。

オランド大統領の所属する社会党の、市場からの評価はどうでしょうか?

一般に社会党は市場に対してフレンドリーではないというイメージがあります。

しかし実際には社会党の大統領がひとたび政権の座につくと、意外に保守的な財政政策になるという見方もあります

実際、81年から95年まで大統領を務めたミッテランがそうでした。

ミッテラン政権は、それまでの社会主義的経済政策を改め、市場経済志向へと大きく舵を切りました
続きを読む